キンコン西野さんがおすすめしている本5選

キンコン西野さんがおすすめしている本を知りたい。

 

こんな疑問お持ちだったりしませんか?

 

上記の問題を解決します。

 

キンコン西野さんがおすすめする本五選

 

本記事の内容

キンコン西野さんがおすすめしている本5

 

本記事の信頼性

私はキンコン西野さんのオンラインサロンに加入しており毎日ブログ、Voicyにて得た情報で実際におすすめの書籍を読んでいます。

なのでその経験が参考になればと思います。

 

キンコン西野さんがおすすめしているだけあって五冊とも非常に面白い本でした。

 

本記事ではキンコン西野さんが過去におすすめしていた本をわかりやすく解説しています

 

では解説していきます。

 

キンコン西野さんがおすすめしている本5選

キンコン西野さんが過去におすすめしていた書籍は下記の通りです。

  • 藤原和弘 藤原和弘の必ず食える1%の人になる方法
  • 山口 周 ニュータイプの時代
  • 前田祐二 人生の勝算
  • 田中修士 破天荒フェニックス
  • 佐藤尚之 ファンベース  

順に解説していきます。

 

藤原和弘 / 藤原和弘の必ず食える1%の人になる方法

キンコン西野さんが「バチクソに面白いから絶対に読んだ方がいい!」と自分の書籍で紹介した事から爆発的に売り上げが伸びたこの一冊。

著作は元リクルートの藤原和弘。

 

この本は何と言っても100人に1人の人材になれば食える」がテーマです。

えっ?どういう事?って思いますよね。

 

例えば一つのジャンルで頂点を極めるってかなり難しい事ですよね。

1万人の中の1位を目指すって言われてもピンとこないと思います。

 

しかし100人の中で1位」なら可能性は見えてきますよね?

もちろん「100人の中で1位」になるにも努力が必要です。

 

でも藤原さんがおっしゃってる「100人の中で1人の人材」には続きがあって例えばAというジャンルで「100人の中で1人の人材」になったら次にBというジャンルで「100人の中で1人の人材」になる事を提唱しています。

 

そしてBの次はCDのジャンルでも「100人の中で1人の人材」になりABCDと違うジャンルを組み合わせた人材になる事で1%の人材になると提唱しています。

 

具体的に言うとA(100人の1)✖️B(100人の1)1万人の中の1

という様に違う分野を掛け合わせる事によって自分の希少価値を増やしていくと言うことです。

 

でもこれってこの記事を読んでくださってくれてれ方ならお気づきかと思うんですが西野さんの事だと思いませんか?

西野さんは

  • お笑い芸人
  • 絵本作家
  • 映画
  • オンラインサロン

と様々なジャンルで新しいチャレンジをして自分の希少価値をどんどん上げてってますよね。

西野さんもこの書籍を読んで行動している証拠ですね。

 

あの「多動力」で有名なホリエモンも藤原さんの提唱している事を実践されてますよね。

ここまで簡単にまとめると

 

違う分野での実績を掛け合わせる事によって自分の希少価値を上げていける方法がこの書籍には記載されてます。

 

西野さんやホリエモンの活躍の根源を知りたい方におすすめの本です。

 

山口 周 / ニュータイプの時代

先日Voicyで西野さんがおすすめしていた山口周さんのニュータイプの時代。

この本は「今の時代どういった人物が勝ち抜けるか」が具体的に書かれています。

 

それがタイトルにもあるニュータイプと言うことです。

ではオールドタイプとニュータイプの違いを簡単にまとめます。

 

以前スマホが普及していない時代は何事も問題を解決する力がある人間が実績をあげる事ができました。

それがオールドタイプです。

 

山口さんが本書で提唱しているニュータイプは問題を作れる人間と言っています。

具体的に言うとスマホがない時代は何事も問題があってそれを解決する事がビジネスの流れとしてありました。

 

もちろん今もそれは変わりませんがスマホが普及した今ググれば何でも問題解決方法はすぐに調べられます。

なので今求められているのは問題がどこにあるのかそういった部分を見つかられる人材(ニュータイプ)が生き残っていくと山口さんは提唱しています。

 

しかしオールドタイプ、ニュータイプどちらが良い悪いと記載されてるのではなくニュータイプが生きやすいと提唱されている本です。

 

この本の面白いところは読んだ自分はどちら寄りなのかな?と感じる事ができるところです。

 

正直な感想としては前半から中盤までは非常に読み応えを感じましたが、中盤以降は本のボリュームを作るための内容ではないかと個人的には感じました。

 

 

前田祐二 / 人生の勝算


showroomの代表である前田祐二さん。

2019年度のビジネス書籍のランキングで「メモの魔力」が1位を記録した事でも記憶に新しいです。

 

前田さんは西野さんの「ニシノコンサル」にも出演していたので知っている方もいらっしゃるかと思います。

この「人生の勝算」は発売当時よく西野さんのブログでも取り上げられてました。

 

この本のポイントは前田さんの過去の努力、お金を稼ぐ為に何をしてきてのかを知る事ができます。

特に感銘を受けたエピソードの中で前田さんが駅前でギター片手にストリートミュージシャンを幼少期にしていました。

 

前田さんの何がすごいかって言うと幼少期からお客さんに投げ銭をしてもらうにはどうしたら良いかを考えながら活動していた事です。

具体的に言うとどう言った歌をどの場所でどの世代に届ければ良いのか?と試行錯誤しながら活動していました。

 

これを幼少期に考え実行していたのが前田さんです。

今の成功は幼少期からの行動自己検証からきているのが分かるのがこの「人生の勝算」です。

 

これから前向きに何が頑張ろう、一歩踏み出そうとしてる方におすすめの本です。

 


 

田中修士 / 破天荒フェニックス

OWNDAYS社長の田中修士さんがOWNDAYSを立ち上げから現在にいたるまでの苦悩と成功までを書き上げた本です。

この本の何が面白いかって言うと題名通り「破天荒フェニックス」なところです。

 

なぜかと言うと田中さんの行動力、決断力があまりにも破天荒すぎなのと失敗をしても何度も蘇ります。

具体的に言うとOWNDAYSが軌道にのるまでは田中さんは大ピンチの連続です。

 

それを何度も乗り越えていく姿はハラハラドキドキの連続です。

なのでこの本を読むとまさに破天荒とはこの田中さんの事だとわかります。

 

それと次の展開が気になりすぎてあっという間に読み終わってしまいます。

 

破天荒フェニックスを読むとあまりに大きなトラブルが続きすぎて自分のミスや失敗など大した事ないなって思えます。

 

 

ファンベース / 佐藤尚之

注意

現在執筆中です。

執筆できましたら更新します。

 

まとめ

ここまでキンコン西野さんがおすすめしていた書籍5選を紹介してきました。

どの書籍もキンコン西野さんがおすすめしただけあってどれも非常に読み応えがあり面白い書つぎ籍です。

気になったら今すぐ読んでみましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です